FC2ブログ

Pictures of SPRING by Simpson

メンズ下着着用セルフ撮り写真をご紹介するブログです。18歳未満は入室できません。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

1235.湯であれば……

これは夏場に撮った写真なので、

シャワーからほとばしる液体は「水」です。

これがお湯で湯気でも立ちこめていれば、

季節を感じてほっとできたでしょうにねえ(笑)

UNDER-YELLOW (220)blog


さて、日本では「水」と「湯」を別語として扱いますが、

英語では「湯」はhot water

スペイン語ではagua caliente

ドイツ語Heißes wasser

フランス語Eau chaudeと

どれも「熱い水」という意味です。



関連記事
スポンサーサイト
[PR]

| Shorts | 20:32 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おはようございます。
突然ですが、simpsonさんは、学校の教師、それとも塾の講師?
時々、言葉や事柄を説明するのが、黒板に書かれたものを
説明されてる様な感じがすることがあります。
間違ってたらご免なさい。何かそんな気がしました。
今日は、阪神淡路大震災が25年を迎えました。
僕にとっては、そんなに時が過ぎたのかとの思いです。
今でもあの時の記憶がまざまざと浮かびます。
だから、25年?って言う感じです。
どこかで災害があると大変だなぁと思っていましたが
それは他人事でしかなかったと今にしたら思うのです。
それがあの震災を経験してからは、やっと人の痛みが分かる
様になりましたね。
人は、実際に経験しないと理解しない様です。
僕は、大阪だし、神戸に比べ様もありませんが、人生初めての
大きな地震を経験して、大阪でもかなり揺れました。
早朝だったので、寝ていて気がつかなかった人も、家具の
下敷きになった人もいました。
僕は起きていて、食事も終わったところで、グラっと来たのです。
母に急いでテーブルの下へ隠れる様に言い僕は柱に寄り掛かって
いました。
激しい揺れで、天井を見ると、照明が地切れそうなほど激しく
揺れていました。戸棚の扉が開き中の物が床に散乱しました。
揺れはとてつもなく長く感じ、団地の建物ごと自分達も一緒に
崩れ落ちるかと思い 死 と言う言葉が頭をよぎりました。
漸く収まった時は、身体が震えていました。
実は、当日、神戸に出張の予定だったのです。
もう少し時間がずれていたら、僕はあの神戸で被災していました。
後でわかったことですが、その訪問先の会社では人が二人亡くなって
いました。
火災がひどかった、神戸長田区は、その訪問先に行く通り道でした。
やはり、地震と火災にあっていたかもしれません。
あんなにひどい状態になっているとは、その時思わなかったので
とりあえず出掛けました。結局神戸までは行けませんでしたが
途中で、古い木造家屋が倒壊してるところをいたるところで
目にしました。
余震が相変わらず起きていて、その時はタクシーの中でしたが
揺れるのがわかりました。
神戸がかなりひどい状態だとわかりました。
あれから25年。
この先、来るべき大地震に備えての防災はどうなってるのでしょう。
形となって見えてきません。
教訓がいかされて、それなりに防災を準備されてるところも
あるでしょうが、国の対策は見えてきません。
それどころか、あの東北三陸の地震は、自然の脅威の前では
何もなすがままでしかありませんでした。
大阪では、タワービルやタワーマンションが林立してまだ建てる
つもりらしい。どうなってるのでしょうか?
心のケアーも遅れています。
復興住宅に住まわせればそれで終わりではありません。
この25年の間に、孤独死する人が、一人、また一人と増え続けて
います。人生が激変して、孤独に陥る人がいます。
各地で起きた震災。
今も苦しんでる人がいると思います。
東北、福岡、熊本。
地震列島の日本。
防災に強く、人に優しい、そんな日本を望みます。
すみません。かなり長くなってしまいました。
今まで最長。つい熱くなってしまいました。
ごめんなさい。

| H.T | 2020/01/17 12:00 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://ssimpson.blog.fc2.com/tb.php/1252-51ba8923

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>